親しい身内が亡くなると平静を装うのは難しいものですが、故人の供養のため、ひいては自分のためにもしっかりと葬儀を執り行い、新たな一歩を踏み出すことが大切です。
葬儀の前に必要なものとして、公的手続きや打ち合わせ、火葬や通夜などがあります。
公的手続きは、役所への死亡届の提出を行います。死亡診断書と共に提出しますが、死亡届を提出しないと火葬できないため、速やかに提出する必要があります。打ち合わせは斎場の担当者と行い、予算をもとに火葬や通夜、葬儀の詳細について取り決めます。葬儀は友引の日を避けるのが常識となっており、重ならないよう日程が組まれるため、死亡届の提出が遅れると、一日長引くこともあります。
故人が亡くなってから24時間は火葬できないため、その間は自宅や斎場に安置されることになり、その後火葬となります。火葬はごく親しい身内のみが集まり、マイクロバスに同乗して向かうのが一般的です。
通夜は火葬が完了した後か、もしくは火葬前に行われることもありますが、同じ日本国内でも地域によって異なります。