葬式までの大まかな流れとして、一般的に、死亡日に納棺、その翌日に葬式、告別式という流れで執り行われます。ただし、火葬場が休みとなる友引に当たってしまう場合には、一日目を仮通夜とするか、亡くなったのが早朝の場合には、当日通夜することも可能です。仮通夜の場合は、近親者のみで執り行われることになります。
一般的な日程として、一日目に納棺し、翌日2日目に通夜、翌々日に葬式、告別式、火葬という流れとなります。他にも、通夜も葬式も同時に行う一日葬や火葬だけでお見送りする直葬などもあります。
流れの決め方として、まず、死亡の確認と死亡診断書の作成、発行を行い、家族や親族、故人の職場や学校などに知らせ。遺族で相談し、詳細について喪主や葬儀社の選定などを行います。最期に通夜や葬儀の日程などを決めます。
通夜や葬儀の日程は、葬儀社や寺などと相談してから決めることになり、葬儀社に依頼する場合は手続きで困ることはほとんどありません。